誕生花TOP 4月の誕生花, 花の名前:か行 > 4月19日の誕生花は「キショウブ」

4月19日の誕生花は「キショウブ」

スポンサードリンク

花言葉「幸せをつかむ」

キショウブ


ハナショウブの黄色バージョン。

黄色いショウブ、の意味で「黄菖蒲」となりました。

紫の花に比べると、
明るく元気な印象ですね。

出身が日本ではないので、ちょっと「バタ臭い」感じ?

アヤメ科。多年草。

ヨーロッパから中近東が原産地。
北アメリカにも分布がみられるようです。

日本には、明治30年ごろに渡来したとされます。(By 牧野富太郎博士)

とても丈夫で、現在は野生化し、湿地や池の端など、あちこちで見られるようです。


草丈は、60~100センチ。

花期は、5月はじめごろ。
地域にもよりますが、端午の節句前後に咲き始めるようです。

葉の中央に通っている「葉脈(センターライン)」が、はっきりしているのが特徴。

アヤメやショウブの仲間は、「水の中で咲く」というイメージがありますが、

この花は水辺からは一歩引いて、水際ながらも少し乾燥した場所で群生しているものが見られます。

「水を、水際で阻止」・・・てな感じでしょうか。


3枚の花弁が垂れ下がるところから「三位一体」の象徴とされ、フランス王家の紋章のモチーフになっています。

また、ルネサンス時代の「初期ネーデルランド(オランダ)絵画」には、「聖母の花」として、ユリに代わって多く描かれているようです。

ヨーロッパでは、かなりなじみ深い花なんですね。


日本では・・・、

その旺盛な繁殖力が災いして、在来種を駆逐してしまうおそれがあるとして、環境省の外来生物法が定めるところの「要注意 外来生物リスト」に加えられているんです。

アヤメやショウブ類の在来種には、数が減っていて、保護の必要が検討されている種があり、それらの存在をおびやかす可能性がある、ということです。

「在来種」と「外来種」の問題は、動植物あわせて、なかなか難しいものがあるようです。


「幸せをつかむ」ことは多いに望みたいですが、
一度つかんだら(栽培をはじめたら)、
離すことには(野生化させるのは)慎重になった方がよさそうですね。

この花の「みどころ」&「開運ポイント」

すっとした花の姿が、理性を呼び起こしてくれます。

豊かな感情と知性のバランスを整えてくれるでしょう。

西に飾れば、金運アップの効果も。

スポンサードリンク
リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.366flower.net/2006/04/post_209.html" target="_blank">誕生花の辞典:4月19日の誕生花は「キショウブ」</a>
このサイトのデータ(画像・文章)の引用・転載につきましては、必ず「お問い合わせ」をご参照下さい。非営利使用であっても、出典元表示なし・リンク設置なしの引用・転載は、堅くお断りいたします。転載する場合はせめて「引用元」を表示し、当サイトへのリンクを張っていたければ幸いです。

日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日の贈り物

 
誕生花サイトマップ
366日・誕生花の辞典