誕生花TOP 4月の誕生花, 花の名前:た行 > 4月10日の誕生花は「チューリップ」

4月10日の誕生花は「チューリップ」

スポンサードリンク

花言葉は「博愛」

チューリップ

「春」は、この花を抜きにしては語れません。

1月7日号で「白」をご紹介しましたが、
今日はチューリップ全般。

「赤、白、黄色」のほかにも、たくさんの色や咲き方があって、選ぶのに迷ってしまいますが、

「どの花見てもきれい」なのは、確かですね。

ユリ科。球根植物。

原産地は西ヨーロッパ、小アジア(現在のトルコ)付近。

その他、種としての特徴は、「1月7日・白いチューリップ」の項をご参照下さい。


「『チューリップ』という名前は、トルコ語の『ターバン』にちなむ」と、(=「チュリパ・ツルバン」頭巾、ターバンのこと)その項でもご紹介していますが、実は・・・・

この話、「勘違い説」があるのです。


16世紀ごろ、オーストリアのトルコ大使が、コンスタンティノープルでこの花を見てその美しさに感じ入り、通訳に名前を聞いたところ、トルコ人の通訳は、自分の頭のターバンを指さして「チュリパ(ターバン)だ」と答えました。


当時のトルコでは、チューリップは「ラレーラ」と呼ばれていました。

つまり・・・

大使の「この花の名前は?」という質問が、正しく伝わらなかったと考えられます。

通訳は質問の意味をどう解釈したのか・・・


「この花は何かに似ているのか」と聞かれたと思ったか、

はたまた、

自分の頭に巻いているターバンの名前を尋ねられたと思ったか・・・。


いずれにしろ大使はその答えを花の名前と理解して、故国に持ち帰り、「チューリップ」という名前で広まった・・・ということになりそうです。

異なる言語でのコミュニケーションは、やっぱりなかなか難しいものがあるんですねぇ。でも、これは「幸せな勘違い」と言えるかな。


「ラレーラ」と「チューリップ」、

どちらが、お似合いでしょう?

「博愛」精神をもって、どちらもよしとしましょうか。


この花の「みどころ」&「開運ポイント」

気温や光を察知して、花の向きを変えたり、開いたり閉じたりする性質をもっています。
日々変わる形が楽しめます。

女性と深い結びつきがあり、ホルモンバランスを整える効果が期待できます。

特に、寝室や洗面所に飾ると、体内リズムを整えてくれるでしょう。

「和解」や「いい意味での妥協」をうながすパワーもあるので、人間関係がギスギスしがちな職場にさりげなく飾っても効果的。

スポンサードリンク
リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.366flower.net/2006/04/post_200.html" target="_blank">誕生花の辞典:4月10日の誕生花は「チューリップ」</a>
このサイトのデータ(画像・文章)の引用・転載につきましては、必ず「お問い合わせ」をご参照下さい。非営利使用であっても、出典元表示なし・リンク設置なしの引用・転載は、堅くお断りいたします。転載する場合はせめて「引用元」を表示し、当サイトへのリンクを張っていたければ幸いです。

日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日の贈り物

 
誕生花サイトマップ
366日・誕生花の辞典