誕生花TOP 6月の誕生花, 花の名前:な行 > 6月9日の誕生花は「ノバラ」

6月9日の誕生花は「ノバラ」

スポンサードリンク

花言葉は「素朴な愛」

ノバラ


「ノイバラ(野茨)」とも呼ばれます。

今年も「春のバラ」、
楽しんでいらっしゃいますでしょうか?

華やかな園芸種もいいけれど、
基本に立ち返りたくなるときって、ありますよね。

このバラを見ると、
サクラや梅が「バラ科」というのも、納得いくでしょう。


バラ科。落葉低木。

日本や朝鮮半島など、東アジアに分布します。

高さは、2メートル前後。

花期は、5月~6月にかけて。

直径2センチくらいの大きさの白い5弁花を、一枝に数輪ずつまとめて咲かせます。


庭木や切り花などに広く使われるほか、忘れちゃならない重要な役割は、

「改良種の原点」
「園芸種の台木(接ぎ木の根元部分)になる」

・・・という2点。

現在2万種ともいわれる園芸種のルーツのひとつとして、燦然たる輝きを放っています。

つる系や「ミニバラ」系の多くが、日本のノバラから改良され、誕生しているんですね。

ヨーロッパ系のバラに、それまで見られなかった「房咲き(一枝に数輪の花を咲かせる)」の性質をもたらしています。

また、野生ならではの強さを生かして、園芸種を支える縁の下の力持ち、「台木」としても大活躍。

今日のバラの発展と隆盛に、多大な役割を果たしている「エライお方」なのです。


日本は結構な「ノバラ大国」で、世界に200種ほどある野生種のうち、1割近くにあたる10数種をみることができるそうです。(先日ご紹介した「ハマナス」もその1種)


園芸種のバラを「手のこんだ洋食」にたとえるならば、こちらはさしずめ「炊きたての白いご飯」! といった感じかな。

「日本人はやっぱり銀シャリだよ~」・・・って、ちょっと違いますが^^;

「素朴な愛」にふさわしい、つつましくも可憐な美しさです。

スポンサードリンク
リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.366flower.net/2006/06/post_258.html" target="_blank">誕生花の辞典:6月9日の誕生花は「ノバラ」</a>
このサイトのデータ(画像・文章)の引用・転載につきましては、必ず「お問い合わせ」をご参照下さい。非営利使用であっても、出典元表示なし・リンク設置なしの引用・転載は、堅くお断りいたします。転載する場合はせめて「引用元」を表示し、当サイトへのリンクを張っていたければ幸いです。

日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日の贈り物

 
誕生花サイトマップ
366日・誕生花の辞典