誕生花TOP 2月の誕生花, 花の名前:た行 > 2月24日の誕生花は「ツルニチニチソウ」

2月24日の誕生花は「ツルニチニチソウ」

スポンサードリンク

花言葉は「幼なじみ」

ツルニチニチソウ


淡い紫色がさわやかな印象。

5弁花にみえますが、筒状の花弁が、5つに分かれています。

花壇やプランターはもちろん、つるの性質を生かしたハンギング(吊り鉢)での栽培などにも利用されます。


キョウチクトウ科。常緑つる性の多年草(半低木)。

南ヨーロッパ~北アフリカが原産地。

明治時代初期に、園芸植物として日本へ渡来したとされます。


草丈は、花をつける茎は40~50センチ、それ以外は1メートルを超えます。

最初は直立しているのですが、徐々に「蔓っぽく」なっていきます。


花期は、4~6月。

直径4~5センチほどの、薄紫色の花を咲かせます。

とても丈夫な性質で、半日陰でも良く育ち、かなり耐寒性もあります。繁殖力も強いため、野生化しているものも。

「班入り」の園芸品種もあります。


キョウチクトウの仲間なので、葉や茎に、有毒成分「アルカロイド」を含んでいます。


が、しかし。
「毒をもって毒を制す」の言葉通り、血圧を下げる薬などとして使われています。


また、少し小型のよく似た仲間、「ヒメ(姫)ツルニチニチソウ」に含まれる成分は、脳細胞への酸素供給を高め、循環代謝を向上させるとして、

「痴呆症」治療への応用研究が進められています。


日本でも「ヒメツルニチニチソウ」エキス配合のサプリメントが市販されているようですね。

「物忘れが多くなったとお感じの方に・・・」
「いつまでも若々しい脳の働きをお望みの方に・・・」

などなど、「?」とも思いますが、ちょっと気になる宣伝文句が並んでおります。


薬効成分の専門的なことは、その道のプロにおまかせするとして、まずは美しい花を楽しんで、心の健康を作り上げていきましょう!


「幼なじみ」という花言葉は、

周囲に体をあずける生育形態と、庶民的な雰囲気の花から、連想されたものでしょう。

つるの間で寄り添って咲く花は、手をつないでいる、ほほえましい「幼なじみ」のようにも、見えますね。

スポンサードリンク
リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.366flower.net/2006/02/post_155.html" target="_blank">誕生花の辞典:2月24日の誕生花は「ツルニチニチソウ」</a>
このサイトのデータ(画像・文章)の引用・転載につきましては、必ず「お問い合わせ」をご参照下さい。非営利使用であっても、出典元表示なし・リンク設置なしの引用・転載は、堅くお断りいたします。転載する場合はせめて「引用元」を表示し、当サイトへのリンクを張っていたければ幸いです。

日比谷花壇 フラワーギフト 誕生日の贈り物

 
誕生花サイトマップ
366日・誕生花の辞典