誕生花TOP 12月の誕生花, 花の名前:あ行 > 12月27日の誕生花「ウメ」
花を贈るなら日比谷花壇へ

12月27日の誕生花「ウメ」

スポンサードリンク

花言葉は「高潔」

ウメ

ウメ・紅


12月は、花期にはちょっと早いのですが、「ウメ」で参ります。

「花も実もある」植物の代表格。生活の様々なシーンに、梅のパワーは大活躍しています。

バラ科。落葉高木。
原産地は、中国・四川省と湖北省の山岳地帯とされています。

高さは5~10メートル。

花期は、早春、2~3月にかけて。白・ピンク・紅などの5弁花を咲かせます。

多くの品種が作り出されており、八重咲きや枝垂れ咲きなどもあります。

日本への渡来は古く、万葉集にもたくさん詠われていて、その数はサクラをはるかに上回ります。
万葉の昔は「花」といえば「ウメ」のことを指していたんですね。

そのころの日本は、中国を手本として、文化経済などを発展させている時代。

中国で愛でられていたウメの花は、日本の貴族たちにとっても「高貴な、理想の花」だったのでしょう。

もとをたどると、遣隋使・遣唐使により、「烏梅(うばい)」という漢方薬の形で伝わったとされます。青梅の実を、真っ黒になるまで燻(いぶ)し、乾燥させたもの。
(だから「からす」の字をあてているんですな)
今でも、熱、下痢、咳などの症状に用いられます。

花は、新しい枝に咲き、枝はどんどん伸びるのでまめに剪定しても大丈夫。
「桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿」という言葉もあるくらい。
(馬鹿とは言いすぎの気も^^;)

かぐわしい花を咲かせるのは、寒さの一番厳しい季節。

すがすがしさや強さを感じるのは、今も昔も変わらないようですね。

スポンサードリンク
リンクフリー このページへのリンクは以下のタグを貼り付けて下さい。
<a href="http://www.366flower.net/2006/01/post_103.html" target="_blank">誕生花の辞典:12月27日の誕生花「ウメ」</a>
このサイトのデータ(画像・文章)の引用・転載につきましては、必ず「お問い合わせ」をご参照下さい。非営利使用であっても、出典元表示なし・リンク設置なしの引用・転載は、堅くお断りいたします。転載する場合はせめて「引用元」を表示し、当サイトへのリンクを張っていたければ幸いです。


 
誕生花サイトマップ
366日・誕生花の辞典